全盛期を過ぎた有名人風俗嬢

本当にがっかり

本来の目的である抜いてもらうということから今回のデリヘルはかけ離れてしまいました。というのが風俗嬢がまともな精神状態ではなかったんですよ。間違いなく精神的に病んでいるんだろうというようなやせ具合に、焦点の合っていない目線は確実に会った瞬間に自分の性欲を無くしてくれました。なんでこんな女の子を働かせているんだこのお店は、と思ってしまうくらいに今回のデリヘル嬢は酷かったですね。話をしていてもなんだか気まずいんですよ。普通な会話がストップしますので空白の時間ができたりします。自分としてはそういうのは得意ではありませんし、早くプレイをしたいと思っていましたが、このデリヘルの女の子にはそういうことは求められませんでした。震えているような女の子に対してあそこをしゃぶれなんて言えないですし、言ったら逆上して何されるかわからないような感じでしたからね。確実に楽しい風俗の経験をさせてもらえるようなものではなかったですね。